青汁を飲んで身長を伸ばそう~コンプレックス解消術~

ガッツポーズの女の人

体の元気を取り戻すために

家族

二種類の意味がある

健康食品やサプリメントの効果としてよく使われている「滋養強壮」という言葉には、大きく二つの意味があります。ひとつは体の弱い部分を栄養素で補って、虚弱な体質を改善するという意味合いです。そのため、効果としては胃腸の消化器系や呼吸器系など、体の各器官の働きを促進したり、体の保温を保ち、血流を改善したりといったものが挙げられます。もうひとつは精力増大という意味合いです。これも、もともとは体の弱い部分を改善するということなのですが、その部分を主に性機能に限定したものです。それだけ、性機能の減退、男性であればペニスの勃起が維持できないことに悩んでいる人が多いということですが、商品購入の際には、どちらの「滋養強壮」を求めているのかを知る必要があります。

どんな成分を選べばいいか

虚弱体質を改善するという意味で滋養強壮を求める場合、有効なのが漢方です。動物性のものであれば、幼いシカの角を意味する鹿茸(ろくじょう)や、タツノオトシゴである海馬、植物性のものであれば、古くから万病を治療すると言われる冬虫夏草や高麗人参、山芋の一種である山薬などがあります。これらの生薬をベースに、改善したい機能に効果のあるいくつかの生薬を組み合わせて摂取することになります。滋養強壮に精力増大を求める場合、その成分としては、日本では馴染み深いすっぽんや、サプリメントの成分としては鉄板となっているマカ、栄養ドリンクの成分として有名なタウリンなどがあります。また最近では、ED治療薬としてシトルリンが有名です。